リハ機器 導入

リハ機器 導入

パワーアシストを導入しました

パワーアシストを導入しました。この手指の屈伸、手関節の掌背屈、足関節の底背屈をストレッチができます。
研修会 / 講習会 / 勉強会

仙台にて口述発表をしてきました。

仙台の地にて口述発表をしてきました。 足関節背屈アシスト装置(AAD)が、歩行能力および生活機能の改善に有用であることを発表してきました。研究デザインの検討や症例数の蓄積など、まだまだ課題があると感じています。 今後もロボットリハの...
リハ機器 導入

免荷式リフトPOPOセミナー

平成29年11月12日に大和ハウス主催による「生活の自立へ繋げるPOPOセミナー ~大和ハウス工業主催 免荷式リフトセミナー~」が開催され、今回、至仁会 リハ部門の田原麻里さん(理学療法士)が、パネリストとして症例発表を行いました。至仁会では、急性期から生活期まで免荷式リフトPOPOを活用しています。
リハ機器 導入

舌圧測定器の勉強会

平成29年4月17日舌圧測定器の勉強会 舌圧測定器は、摂食・嚥下機能や構音機能に関する、口腔機能検査のスクリーニングの指標となります。今回の勉強会を機に、様々な場面で活用していきたいと思います。そのうち患者様が、ペコパンダを使用し、病棟で自主トレ励んでいる場面を見かけるかもしれません。圏央所沢病院言語聴覚士高木亮
リハ機器 導入

楽楽リハちゃんを導入しました

介護老人保健施設 遊 で上肢訓練の機器として『 楽楽リハちゃん 』を導入しました。楽楽リハちゃんはパソコンを用いて上肢の機能訓練をゲーム感覚で行なえます。利用者の方が楽しみな楽楽リハちゃんを使っていただき、上肢の機能が向上することを...
リハ機器 導入

オステオトロンⅤ を導入しました

圏央所沢病院でオステオトロンを導入しました。オステオトロンは低出力パルス超音波の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できます。
リハ機器 導入

Honda歩行アシストを追加導入

介護老人保健施設 遊 で導入していた 『Honda歩行アシスト』 ですが、利用者さまからとてもご好評でしたので同法人のデイケアである、よしかわ通所リハビリテーション道にも導入しました。
リハ機器 導入

舌圧測定器を導入しました (‘ω’)ノ

言語聴覚士の皆さんからの要望によって舌の運動機能を測定する 舌圧測定器 を圏央所沢病院に導入しました。測定器で得た数値は摂食・嚥下機能や構音機能に関する口腔機能検査のスクリーニングの指標となります。
リハ機器 導入

ウェルバイクを導入しました ❕

圏央所沢病院でフクダ電子の 『 ウェルバイク 』 を導入しました。圏央所沢病院では心大血管リハビリテーションの施設基準取得を数年前から検討してきました。そして、とうとうリハビリテーション機器の導入するまでに至りました (泣) ウェルバイクは通常のエアロバイクよりも超低負荷の設定で有酸素運動が実施できます。
リハ機器 導入

ウォークエイド® を導入しました ‼

介護老人保健施設 遊 で帝人ファーマ株式会社のウォークエイドを導入しました。ウォークエイドは下腿の傾きを検知し、歩行時に必要な足関節の背屈を適量な電気刺激によって促します。