第41回日本高次脳機能障害学会

2017年12月15日(金)、16日(土)の2日間、さいたま市の大宮ソニックシティにおいて「第41回 日本高次脳機能障害学会」が開催されています。今回の学会は「わかりあうを科学する」をテーマに243演題の発表が行われています。失語症を含む高次脳機能障害は、周りからは理解されにくいと言われている障害です。わかりにくからこそ探求することが重要と考えます。建設的な討議ができますことを願っております。