実践力レベルアップ!

脳神経外科や整形外科などで入院されている患者さんは、おひとりおひとりによって症状や怪我の状態が違います。症状の回復にも個人差があるため、患者さんの状態に応じたリハビリテーションの提供が必要となります。そこで至仁会 リハ部門では、経験年数の若いセラピストの実践力のレベルアップのために新入職員と2年目の方が症例検討会を行い、担当の患者さんの状態や提供しているリハビリテーションに関しての発表を行い、ディスカッションをします。リハビリテーションの質の向上を目指して、みんなで頑張りましょう!٩( ”ω” )و