第7回 至仁会学術大会

平成29年11月10日

今年で7回目となります「至仁会学術大会」が開催されました。学会テーマをもとに、各部門から様々な視点の演題があり、改めて気づかされる部分もありました。今後の医療提供の質に繋げていきたいと思います。リハ部門からは3つの演題発表を行いました。演者の方をはじめ、参加者の皆さま遅くまでお疲れ様でした。

学会テーマ「超高齢社会への対応 ~安全な医療と業務効率化~」

 

認知症高齢者における集団体操の効果

圏央所沢病院 作業療法士  田中美帆

患者様の自助力をあげる取り組み

圏央所沢病院 理学療法士 土田昌平

リハビリ栄養の実践で患者様はもっと良くなる

圏央所沢病院 言語聴覚士 高木 亮