第62回 日本透析医学会学術集会

平成29年6月16日より6月18日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている「第62回 日本透析医学会学術集会」に参加しています。20,000名の参加者の方が集まり、演題数は3,600を超える程の大変活気のある集会です。圏央所沢病院の透析センターには44床のベットがあります。透析は「しっかり食べて、よく動き、しっかり透析すること」が重要です。リハ部門も透析スタッフと共に、透析患者さんのADL(日常生活動作)低下を防ぎ、QOL(生活の質)の向上を目指し、より質の高いサポートができるよう取り組んでいます。