「第52回日本理学療法学術大会」

2017年5月12日〜14日に千葉県の幕張にて「第52回日本理学療法学術大会」が開催されました。至仁会ではロボットスーツHALを使用したリハビリテーションの提供を行っています。今回、HALの効果についての1演題(口述発表)出すことができました。発表者の中村さんからは「また新しい取り組みや治療効果を発表していきたい」と頼もしいコメントをいただきました。

「HALを用いたショートステイが脳卒中片麻痺者の歩行に与える効果 回数による効果の比較」
圏央所沢病院 理学療法士 中村  徹