足首アシスト装置を導入しています

 歩行障害を持つ方の支援を行う足首アシスト装置を導入しています。

足首アシスト装置は、足圧センサの情報を基に、歩行に求められる足首の底屈・背屈の動きをモータで補助することで、歩行練習を安全かつ長時間、反復して行うことができます。

圏央所沢病院では、最先端のリハビリテーションを積極的に導入しています。