第29回 研究大会 in 広島

S__3219465

平成29年2月10日、11日 回復期リハビリテーション病棟協会が主催する研究大会があり圏央所沢病院のスタッフが発表しました。今回は応援に行けませんでしたが、発表した方、参加者として参加した方、とっても貴重な経験ができたと思います。今後の臨床に活かしてください。

脳卒中患者における足首アシスト歩行装置を利用した臨床的有効性 ~歩行効率の向上を目指して~
圏央所沢病院 近藤雄太(PT)、田島 匠(PT)

患者、家族が必要とする看護が必要とする看護の提供に向けての取り組み ~患者体験を通じて~
圏央所沢病院 森川美香(NS)、目黒明美(NS)

当院回復期病棟における集団体操の取り組みについて ~病棟との連携~
圏央所沢病院 筱岡世英良(PT)

回復期5か条 ~癒しの心を持つ病院に向けての回復期病棟の取り組み~
圏央所沢病院 田中美帆(OT)、伊勢広美(OT)、島田早織(OT)、近藤雄太(PT)、仲村渠 和(PT)

ロボットリハビリテーションへの挑戦
~回復期脳卒中患者1症例へロボットリハを実施した実際と工夫の報告~
圏央所沢病院 田島 匠(PT)