理学療法士による転倒予防教室

%e7%90%86%e5%ad%a6%e7%99%82%e6%b3%95%e5%a3%ab%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%81%a5%e5%ba%b7%e6%95%99%e5%ae%a4

平成28年12月12日、入間市の黒須公民館で  『理学療法士による転倒予防教室』 の講師を勤めました。介護保険を取り巻く状況、転倒予防の要因・対策、運動を続けるためのコツなどをお伝え致しました。体力測定結果をみると、転倒リスクの高い方が多くいらしたので、是非とも今回お伝えした筋力トレーニング、瞬発力の運動、姿勢改善運動を実施して頂ければと思います。運動の継続という点では、3日坊主を乗り越えるためにも、最初は少しでも良いので毎日やることが大切です。10日頃からは続けるための仕組み(タイマーや運動服の準備等)を使い、20日頃からは飽きが出てくると思いますので、色々と運動を組み合わせて実施するなど工夫が必要です。身体的な習慣が付くまでには約3ヶ月間かかると言われています。今後も自分の足で歩くためにも、まずは3ヶ月間を目標に取り組んでみて下さい。

社会医療法人 至仁会 フィットリハ 陽
理学療法士 高野大智