SCUの施設基準を取得

fullsizerender

脳卒中ケアユニット(Stroke Care Unit:SCU)とは、脳血管障害の患者さんに対し、救急搬送からリハビリテーションまで一貫した治療計画のもと、集中的な治療を行うことができる病室です。圏央所沢病院では、9床の脳卒中ケアユニット(SCU)の施設基準を取得し、10月1日から本格始動しました。脳卒中治療ガイドラインによれば、急性期リハビリテーションでは、脳卒中ユニット、脳卒中リハビリテーションユニットなどの組織化された場で、 リハビリテーションチームによる集中的なリハビリテーションを行うことが、高い効果をあげるとされています。今後、更に脳卒中治療に貢献できるよう取り組んでいきます。

SCU・心リハ チーム