雑誌に掲載されました(フェイズスリー)

IMG_1086

圏央所沢病院は脳神経外科と整形外科の急性期を柱として展開しています。診療報酬改定のあとどのような方法で救急搬送率、ベッド稼働率、在院日数の改善を図っているか取材を受けました。

私は急性期医療にはリハビリテーションが非常に大切ということを、熱く語らせていただきました。

  • 患者とスタッフ双方へのアプローチで在院日数短縮と稼働率アップを実現
    事務部長 小泉 靖
    リハビリテーション科 技師長 杉浦恵介